スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.08 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

素敵な金縛り見てきた

 面白かった!
心霊写真取るところとか、中井貴一さんが実は「見える人」だったっていうところで爆笑した。

さて「見える人」について。
映画の中で深津さんが「何か見える人の共通点があるはずだ」と考えていた。

私は見えない人だけど、知人で数人「見える人」を知っている。

ひとりは、引越ししたらそのマンションで金縛りにあったらしい。
「落ち武者が枕元に現れて、ブツブツなんか言ってた」
もう10年ほど前に聞いた話なのでちゃんとした内容は思い出せないけど
その落ち武者は戦場でなんか無念なことがあって、出てきたみたいなことを言ってた。

映画そのまんまやないか〜〜い!!!

そして後で調べたらそのマンションが立っていたところは古戦場だったそうだ。

もしかしたら「金縛りと武士はワンセット」で、そういう話はどこにでも普通に転がっているんじゃないか。


次。
別の人の話。
その人も金縛り系の話に反応してたけど、特に武士とは言ってなかった。
しかし彼女は天王寺の地下にはこの世のものではなさげな人がいっぱい見えるらしい。

「天王寺の地下に行くと気分が悪くなるとか、いやーーーな感じ
に襲われるので近寄らないようにしている」とか言ってた。
多分金縛りの「起きてる時バージョン」だと思われる。


天王寺といえばターミナル駅で、JRと近鉄と阪堺電車と市営地下鉄の駅があり、ファッションビルや阿倍野キューズモールなどもあり、賑やかなところなのだけど、あのへんも大阪の陣の戦場ではないかいな。

私はなんにも見えたことがないし、地下に行ってもいやーーーーな気分になったことがない。
天王寺駅を頻繁に利用しているので、見えなくてよかった。


昔こういう話をしたらたまたまその会社に3人くらい霊感強い人間がいて、「わしも実は」みたいな人がやたら集まってきた。
そして各地の「出る」「見た」話を教えてくれた。

こわいもん聞きたさで聞いてしまって、いろいろ後悔。

見えない方が幸せなような気がする。
いろんなホテルに泊まれなくなる。








スポンサーサイト

  • 2014.11.08 Saturday
  • -
  • 01:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

時計

C大阪の日程

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM