スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.08 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Bienvenido a Japon、CerezoOsaka! Diego Forlan

昨日フォルラン様記者会見を見に長居スタジアムへ行って参りました。
最初はフォルランの挨拶。

これがまた感動しました!
例えばこんにちはフォルランです、とかはじめましてとか、
最初の2コト3コトでも「ああよく頑張って覚えてくれたんだなぁ」って思うのですけど、
なんと全部の挨拶を日本語で何も見ずにしゃべりました。
もうそのことに最初から感動しまくりました。
大使館へ行って言葉を習ったそう。
移籍先の国の言葉や文化をここまでリスペクトしてくれる助っ人が今までいたでしょうか。

フォルランはホントにすごい人なんだなぁと。

プレスの皆さんと質疑応答というのがありました。
通訳担当はわれらがガンジー(白沢)さん。
ポルトガル語通訳で去年までクルピの横でお仕事してはった人です。
私はてっきりガンジーさんがスペイン語もいける(似てる言葉だから)
んだと思っていましたが、フォルランの口からこぼれてくるのはまぎれもなくポルトガル語やん!
母国語じゃなくてポルトガル語もいけるんや???
ブラジルリーグにいたので不思議ではないのですが。

なんというか、大スター様だし、母国語のスペイン語でしゃべるのが普通じゃないかと思ってたんですけど、フォルランのほうで通訳に合わせるっていうのがすごく面白いっていうか。(多分ガンジーさんも両方わかるような気もするんですけどね)

日本語であれだけしゃべれるんだからきっとどこの言葉でもしゃべれる人なんだと思いました。
その国の文化に馴染もうとしてくれるなんて、素晴らしいじゃないですか。
今までいろいろな外国人が来たけど、ちゃんと日本語でしゃべってくれる人って
いましたかね?
ノ・ジョンユンとか、キム・ジンヒョンとかだいたい韓国人ですね・・・
他にいたらすみません。





これで海外移籍にはその国の言葉をちゃんと覚えていけば、一気にサポの心を鷲掴みにできるということがわかったと思います。
さて、今までのセレッソに足りなかったのはそういうプロの考え方。
今までの選手ってサッカーができてすんなりJリーガーになって周りからちやほやされて育って来たんですよ。
海外では自己主張できないんですよ。

うちの選手は漢字が書けないのとかネタになりますけど、
それ本来は恥ずかしいんだからね。
歴史、文化、語学などもっといろいろ勉強してから海外移籍してほしい。
その国の言葉でフォルランくらいの挨拶ができるようになってから、移籍してほしいと思うのです。
ちなみに同日田中マー君の移籍会見は2フレーズくらいの英語の挨拶でしたが、フォルランと
比べてしまうので、日本人ってそんなもんかって思ってしまったのです。



フォルランはツイッターでいろいろつぶやいてくれてますけど、
スペイン語に日本語訳も添えてくれて大変親切です。
あれはなかなか勉強になります。
こんな人が今までいたでしょうか。
周りの選手にいい影響を与えてくれるのなら6億円はぜんぜん高くないと思います。

開幕が楽しみです。










スポンサーサイト

  • 2014.11.08 Saturday
  • -
  • 21:58
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2014/03/07 10:15 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

時計

C大阪の日程

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM