スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.08 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今年、頑張った人、山下達也君

 一応、今年の最後なのでもうひとり書いておきますね。

曜一朗と同期の山下くんも、今年赤丸急上昇のプレイヤーでした。

山下くんも入った頃はなかなか試合に出られなくて。
紅白戦のBチームで目立つにはAチームのFWを削りに行かなければいけないという運命です。
それが、あるときAチームの選手に練習中に結構きつく当たって、
クルピに怒られたといって凹んでたことがあります。
試合に出たかったんでしょうね。

そんなこんなでセレッソではほとんど試合に出れず、出ても試合残り何分とか、ベンチにもはいれないことが多かったりとかで、コンサドーレに行ってしまいました。
もう、帰ってこない→試合に出れない→違うチームでひっそり引退コースをたどるかもと半分諦めてました。
でも帰って来たんですねぇ。
正直、試合に出られる札幌にいたほうがいいんじゃないのと帰ってきて1年目くらいは思っていました。
今年も最初のうちはまだ出られませんでした。
ところが、試合に出始めてからはものすごい活躍をして、今年最後のJリーグアウォーズ優秀選手賞までもらうという。

山下くん頑張ったね。札幌でずっと使ってもらってたのも大きいんだろうなと思う、

あの同期のプレイヤーは、真司と曜一朗みたいに有名になるタイプと、別のチームに行ってしまうタイプと、ノボルみたいにさっさと引退してしまうタイプと、3パターンあったのですけど、山下くんは、有名になる方に現在向かっていると思っています。
日本代表あるで〜ってみんな言ってましたもんね。
あのちょんまげスタイルも、最初は変やなって思ってたのですけど、
なんかの記事に、あの髪型を続けておくように新井場さんに言われたとか書いてましたね。
なるほど納得です。
来年は代表の山下くんが見れるでしょうか。





今年の終わりに、柿谷君のこととか色々

 祝!ACL出場決定。広島のGK西川くんは神でした。
昨日、マリノス対鳥栖を見て、その後広島対FC東京を見てました。
マリノスが勝った時点で、セレッソのACLの棚ぼたは50%。
広島対FC東京は、広島がPKを外した時点で、お正月まで50%の確率でどきどきして
待つことになると思ってた。
西川くんの神セーブを見て、ホントに、今回は他力でしたけど、ACLいけるんだなぁって
泣けました。
セレッソも4位まで頑張ったので、棚ぼたというか正当な権利なんですけどね。


で、今年を振り返りますと。

やっぱり柿谷曜一朗君のブレークがすごいものになりました。
今年が始まった時点では、正直ここまでセレ女が増えるとは思いませんでした。
舞洲になって、お客が増えたとうな気がしていましたが、夏休みくらいから
ものすごくファンが増えた感じがします。

曜一朗が郵便局のCMに出たり、年末年始の番組に出てるのを見て、
やっとセレッソにホントのアイドルが出てきたんやなぁと思いました。
今までも、モリシとかアキとか嘉人とかいたけど、ここまで人を集めたかというと集めてないかも。
まぁ真司は別格ですけどね。
でも真司はほとんどJ2でプレイしてたし、
前回のワールドカップもサポートメンバーだったし、
世間に知られたとき、つまり真司の名前でお客を呼べるようになったのホントに少しの期間だけ。すぐに海外へ移籍してたというイメージです。
つまり現在のセレッソの選手でお客を呼べるようになったのはホントに今年からというわけです。

セレッソは、シーズン最後に納会で有馬温泉に行ってたのですけど(今もやってるかどうかは知らないのですみません)曜一朗と、真司が入団したとき彼らは高校生で、その納会の日に練習場に2人で取り残されていたので「あんたたちは行かへんの?」
「僕たちは高校生なので留守番なんです」って言ってたのを思い出します。
なぜかと聞くと
「お酒とか出てきて、むちゃくちゃになるからみたいです」
とか、そんなことを言ってた気がする。未成年にその場のノリで飲ませるかもしれないもんね。
まぁ正常な判断ですけど、取り残されて可哀想って思った覚えがあります。
今となってはなかなかビッグな二人がそこにいたのですから。
それをシーズン最後には思い出します。







柿谷曜一朗!胸にハートマーク

 FC東京戦は2−1の勝利。
前回のサガン鳥栖戦がへぼへぼな負け方だったので、最後まで優勝戦線に残るためには絶対に落とせない試合。

正直ずーっと攻め込まれてた。
鳥栖のときはよかったセレッソが負けて、今回はよくなかったセレッソが勝った。
ほんとにクルピじゃないけど日本のサッカーはわからないってこと。


もちろん、タクミくんも素晴らしかった。

曜一朗は、前からこういう形を狙ってたらしいけど、ジンヒョンからのゴールキックに鋭く反応して、相手GKを見てまたを抜くすごい技で一瞬で試合を決めた。
ジンジョンのキックなんてスカパーで追ってなかったからね。
リプレイでも映像がない。
惜しい。
ほとんどの人が油断していたシーンだった。
正直言えば他にも決められるシーンが結構あったのかもしれないのだけど、
相手GKも当たってたし。
でもワンチャンスを決められる曜一朗がいる。
だいたい今までああいう試合を粘ることなく落としてたから上位に残れなかったんだと思う。

曜一朗がいいオトコになったのがほんとに嬉しい。
いっときは「もうあかん、このままこの才能は潰れるんじゃないやろうか」と思ってたんだ。
代表にもコンスタントに選ばれて、ほんとに中心選手になってしまった。
そして受け答えもしっかりしてきた。
ほんとにいい男になったよ。
ギャルサポを増やしまくってくれて、素晴らしい。
今回のテレビで女子サポばかり撮されてた。
こんなことあるんや〜〜って感じ。
正直、セレッソに、若手の男前(軍団)目当てに人が来る時が来るとは思わなかったわ。


康太の怪我で久々のモニのスタメンでしたが、やまし〜と2人でよく頑張ってくれたと思う。前はスタメンで出ててポジションをやまし〜に奪われた形だけど。
ちゃんと仕事してくれる人なんだ。
サブにモニがいるから安心出来るチームになってるんだと思う。
札幌へ行く前、組んだDFの人をあたふたさせてよく怒られていたやまし〜だとは思えなくなってるしね。

曜一朗とやまし〜の同期組に関してはいろいろなネタがあるので小出しにしていきます〜〜。(あの頃は熱心にミナツモ詣でをしていたので)








今更ですが、佐賀旅行記

 サガン鳥栖対セレッソを見に行きました。
前半はものすごくよかったとかみんないってるけど、
私は前半で点が入らなくて引き分けか負けるパターンだな〜って思っていました。

試合は、0-2でした。
ある意味予想通りというか。

ベアスタは便利なところでした。

以下は旅行記です。

10月27日(日)
朝、新今宮から南海で関空。
朝7:10のピーチで福岡へ。
このとき関空-成田のピーチが就航した記念に篠田麻里子さんがターミナル2にいて、
直接はみませんでしたが、篠田さんを取り巻く人垣と報道陣だけ見ました。
もっと早く来てたら、見れてたかも。
(この模様はその日のテレビで放送されてたみたいです)

その後、天神より、柳川へ
柳川は美しいところでした。
お気に入りの一枚。



これは有明海の海の幸定食! 初めてイソギンチャクを食べた!




鳥栖へ移動

 
負け試合なのでがっくりです。
アウェイではたくさんのセレサポさんがいてました。
日曜日の夜の試合なのでアウェイ遠征は難しいと思ったのですが、意外にも多い。
セレッソも人気チームになったもんだ。
今回の敗戦はごっつい悔しいものです。
上のチームは全部勝ち、うちだけ負けるというほんとにしょうーもない結果に。
優勝争いから脱落する敗戦でした。



次の日、出発

 

鳥栖駅はスタジアムのすぐ近くです。
鳥栖駅も古い駅舎で雰囲気があります。
こういう駅舎を残してほしいですね。

JR九州の車両はなかなかかっこいいです。
鳥栖から特急に乗って有田へ。
有田から松浦鉄道で伊万里へ。
バスで大川内山へ。

ここは若い頃に一度来たことがあるのですが、全く忘れてました。
とっても素敵なところです。
陶器をいろいろ買って散財(笑)



伊万里牛ハンバーグを食べました。
その後、伊万里から来た時と同じ方法で帰ろうと思ったのですが、 観光案内所の人が福岡ならバスが安いと教えてくれて バスにしました。
往復チケットを買って、2人で使えば安いと。
 3200円を2人で使ったので一人1600円。
電車は3000円以上したので、かなりお得。
 福岡まではのんびり寝て帰りました。

最後はまたピーチ。

ピーチの中でラピートの安い切符を販売しているそうなので、
それを購入しました。

ピーチの座席よりもラピートのほうが広くて気に入ってます。

全てが噛み合ったいい試合 天皇杯V神戸戦


曜一朗、螢、タクミくんがいなくて、黒木くんも負傷したという。
新井場さんもなんかの理由でサブにもはいっていなかった。
サブが6人しかいなかった。
選手すくなっ!!って思わず突っ込んだ試合前。
相手はJ2首位を走るV神戸なんだからね。
まぁ、うちも今年は上位にいるわけだけど、去年は残留争いの仲間だったんだからね。
あとセレッソはなぜか格下とか弱いチームに合わせてしまってひどい試合をしてしまうことが心配だった。

しかしそれは杞憂に終わる。
外国人助っ人が助っ人らしい動きをする。
特にシンプリシオ。
結構、パスミスが多い人だったのだけど、この試合に関しては
得点取るわ、アシストするわ、素晴らしかった。
エジノもケンユウにアシスト。
枝さんも2点。
どれもこれも素晴らしい得点でした。

あと特筆すべきはやっぱりやまし〜とジンヒョンです。
やまし〜はほんまに代表狙えるんちゃうかというくらい完璧に仕事をするね〜。
みててワクワクします。
ジンヒョンは1対1になってしまって、DFが間に合わないタイミングで打たれて
それを足を伸ばして神セーブ。

とにかく完封にしたいという全員の気迫がすごかったのです。
代表がいなくてもやれるというところをみんなが見せてくれた。
 シーズン最初からこんな試合ができていれば今頃マジですごいチームになっていただろうね。
外国人がほんとに今うまくはまったような気がする。

ほんとにいい試合でした。

この試合が毎回できたら負けることはないと思います。

天皇杯とJリーグと両方取れそうな気がします。

欲張りすぎ?



今日は自由席に座りました。
自由席はほぼ満杯。
ギリギリの時間に来た親子連れが席がなくて困っていましたね。
天皇杯の、まだ下の方の組み合わせの場合
満員になるような気がしないのですよね。
それと代表の選手がいないのでそんなにチケット売れてないんだろうと
のんびり家を出てきた人なんでしょうけど、甘かったね。
係りの人ちゃんと席を見つけてくれたんですかね。
今のセレッソはほんとにすごい人気なんだと思ってしまいます。

あとお昼の試合はまだ暑かったですね。
キンチョウは日陰があまりなくて、ハーフタイムに日陰でバテてる
幼児連れの人とかたくさんいて気の毒でした。

もっとパラソルとかテントとか張った休憩スペースあったらいいですね。
幼児や赤ちゃん連れ優先にしてね。















calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

時計

C大阪の日程

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM