スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.08 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

京都対福岡も見に行ったんです・・・

 



これがその時の写真。
船山君と宮本君。
オマは写っていませんが、このへんにいます。

元セレッソはどこかで頑張っています。


7月の色々・・・

 またブログの更新が滞ってしまいました。

最近起きた色々のことを思い出してみます。

鳥栖戦は4点も取って快勝でした。
山口、酒本、横山、山下というなかなか珍しいメンツとなり、うれしい限りです。
山下君はJ初ゴールらしいですね。おめでとう。

そして、曜一朗、ホタル、タカが代表に選ばれて・・・
おめでとう。


マンチェスターU戦は、杉本、南野そして、真司というおまけ?(世間の人はこっちが本命?)もついて、なかなか楽しい観戦でした。(メインスタンドで見ました)


アジアカップは曜一朗が3点取って得点王、さらにホタルがMVPとセレッソが独占。
まさに「桜咲く!!!満開!!!」って状態の世間から大注目されるチームになり満足です。
スポーツ新聞もスポーツニュースも柿谷、柿谷でやっと曜一朗の春が来た感じがします。

しかしながら、昨日は新潟に0−1で負けてしまい、なんやねん!!!
一番これが大事やったんちゃうん?

首位と6差が9差に開いてしまい、仕切り直しです。

まぁおおむね7月は面白かったということにしときましょう。



ザッケローニがキンチョウに来ていた

 マリノス戦。
ザッケローニがやってきた。
前半12分ついに曜一朗が結果を出した。
南野とのパス交換から最後は落ち着いて決めて、ザックの前で魅せた。

後半。
ジンヒョンが接触プレイで倒れて起き上がれなくなった。
試合は5分ほども中断。
一旦立ちあがったけど、すぐに自分からピッチの外へ。
歩いていたけど、多分辛かったんだろうと思う。
なんてことをしてくれるんだ。しかもこのプレイに対してイエローは出なかった。
やられ損やん。

代わって入ったのが武田君。

今回は主審のジャッジがひどかった。
マリノスに有利な判定が多々あり、
セレッソにイエローはたくさん出すのだけど、同じようなプレイで
マリノスには出さなかったり。
厳しくてもいいけど、判定は統一してほしい。
しかし中村俊輔のFKからボールを奪って、カウンターでシンプリシオが決めた。
これが決まるとほんとに気持ちがいいのだ。
シンプリシオの追加点で2-0となるけど、そのすぐ後に1点を決められる。

あとは耐えて耐えて、なんとか勝利。

横山の守備もよかった!(タカ 危うし)
あとはザックが南野君をすごく見ていたかもしれないね。
すごく動き回ってて、若さあふれるプレーでした。

あとDFも山下君や康太のほうが吉田よりうまいんちゃうん。
攻撃だけじゃなく、DFも見て頂戴。ザック様

曜一朗、佐藤寿人、豊田陽平を代表に呼んで下さい。
この3人とも好きなんですよね。


謎の練習生。その名は乾貴士



先週金曜日の舞洲です。
twitterでは、いつの間にか「謎の練習生」と
呼ばれるようになった、乾君です。

舞洲で普通に練習に参加しているので、いつでもサインをもらいに行けます。
写真は練習が始まる前にパス回しをして遊んでいるところ。
シャケ、多田君、やまし〜、マル、ホタル&練習生

なんだか、セレッソ生え抜きちゃんたちだけで遊んでるともいえるのだけど・・・

てかふと考えたら乾君って生え抜きじゃないんじゃん。

なんかもう馴染み過ぎて、彼はよそから来たって感じがしないし、今でもよその選手という感じがしません。



ナビスコカップ浦和戦

ホームの浦和戦があまりにもククズな内容だったので、正直あまり期待していなかった。

完敗した次の日の新聞によれば、セレッソはずっと休みで練習試合もしなかったのに対し、
浦和はずっと練習していたと書いてあった。その差は歴然。

セレッソはホントに走り負けていた。
スコアこそ0−2だったけど、内容はもっと差があった。

浦和はうまいなぁ・・・・とがっくりうなだれて長居をあとにしたものだ。

しかし、今回はちょっとだけ、頑張った。
曜一朗のワントップでエジノをサイドに。
エジノは、イキイキとしてプレイしていたから、ここのほうがあっていたのだろうね。
そしてエジノのクロスをきっかけに曜一朗が折り返し、最後は南野が点を決めた。
この一連の攻撃は素晴らしかった。
そしてシュート数も最初は浦和を上回っていたのだ。

でも後半、シャケの側から突破されて失点してしまった。
ほんとにこの1点だけだったのに。
後半は完全に浦和のペース。
シュート数もあっちが多くなってきた。
ホタルとかエジノとか、シュートのタイミングがばっちりあった場面もあったのだけど、
ああいうのを枠に飛ばさないと点は取れない。
ほんとに前半で息切れしてしまったのが悔しい。
1−1で引き分けだけど、ホームの試合がほんとにアカンやつだったので
前よりは良くなっていると信じたい。
でも浦和はリーグ戦でも上にいるので、こういうチームにどこかで勝って
自信をつけていかないとあかんよね。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

時計

C大阪の日程

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM