スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.08 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ナビスコカップ鹿島戦 見に行けばよかった曜一朗の独走ドリブル!!!

 季節外れのインフルエンザにかかってしまい、生観戦はお休みしました。
テレビでじっくり観戦しました。
すでに決勝トーナメント進出している鹿島とセレッソですが、見た感じお客はそこそこ入っています。
消化試合なれど、色々な見どころがあります。
まずはナビスコだからニューヒーロー賞なるものがあるということ。
これで南野君が活躍してほしいなぁということです。
久々のスタメンのエジノが点を取るかということです。
消化試合だから、新しい選手が出られるかもしれないということです。

そして、エジノが開始早々結果を出しました。
開始2分にいきなり豪快なシュートをたたき込みました。あれは今までなら
外しているパターンですよね。
ちゃんと決められるやん。

ああいうシュートが今季最初から決めれてたら、ここまで色々言われなくても
よかったのに。

とりあえず本日はエジノに土下座。

そして一旦追い付かれましたが、このあと曜一朗のシュートが
また記憶に残るすごさ。

鹿島のパスミスを拾ったとたんに前を向いて45メートルくらい独走。
そのままドリブルでDF3人をかわし、右足を振り抜いた。

曜一朗〜〜〜すごい。

生で観戦できなかったのが本当に残念です。





浦和戦 惜しい引き分け

 たくさんの人出が予想される浦和戦。
3時間前にスタジアム到着。
早くはいったのはいいけど、キックオフまで何する??
という毎回解決されない課題。

次回からはおつまみを数種類持って行って、クーラーバッグに飲み物を持って行って、
暇をつぶすことにする。
フードパークもすんごく混んでて1品に並ぶだけで15分くらいかかったから。

で、試合は、前半はずっと押されてて、ほとんどこっちで試合やっていました。
おそらくシュートの数は浦和のほうが多かったと思う。

曜一朗に全くボールがいかず、イライラする展開。

で、やっとケンユウの初ゴールが生まれた。

多分うちのCKからカウンターでドリブルで突破されて、一応こっちのDFもついてはいるのだけど、つききれず失点してしまう。ペナの外でイエローもらっても倒すべきシーンであったな。
その後ジンヒョンのセービングが手に当ったか当ってないかのすれすれな感じなのに、CKの判定をされて、そんでそこからまた失点する。こういうのの失点はホントになんとかならんものか。

しかし、ここからセレッソはスイッチがはいった。
そしてホタルの同点弾が決まる。
最後のほう、すごくたくさんシュートシーンがあって見ごたえがあった。
最初からこのくらい動いてほしかった。
後半は見てて面白かった。

ケンユウはゴールは決めたものの、なんか物足りない。
もうちょっと走って相手を弱らせるような動きをしてほしい。
曜一朗がマークされてるんだから。

それでも、まず1点おめでとう。エジノよりも先に点を取れてよかった。

で引き分けに終わる。
3万2千人ものお客様は楽しんだことでしょう。
追い付いて引き分けは、まぁまぁよくやったほうだけど、
優勝を狙うなら、これを勝ち切りたいね。

複数得点も、クリアした。曜一朗が取らなくてもケンユウが取った。
その辺はよかった。
今回はやらなくてもいいような失点がほんとに惜しい。






久しぶりにカメラを持っていった大分戦



ロビーがやってきました。



ママ、このあと大分のマスコット「ロータン」がやってくるのだ。



大分は元セレッソ組が多い。
上の写真、GKは元セレッソの丹野君。
曜一朗、エダさん。



本当はセレッソOBチームの試合を見たかっただのけど、
スタジアムにはいるのが遅くてほとんど見れていない。
芸人やらアイドルやらいたそうなんだけど、私はOBを見たかった〜〜

試合は引き分けた。
ついにエジノとブランコをベンチスタートにしたものの、
ケンユウも点を取れず、曜一朗も不発・・・
そんで結局エジノとブランコを2枚替えしたところでスタジアムが微妙な空気に。
あんなに交代選手で空気がどにょりするスタジアムも珍しいねwww

あのシンプリシオのシュートが決まらなかったのが全てではないでしょうか。

何が何でも前半で点を取るべき。

大分も勝てないね・・・
大分は元セレッソがいっぱいいるので、勝たせてあげたいところだけど、
こっちもだんだん人の心配してられなくなってきた。



初舞洲!

 舞洲の練習場が新しくなってから初めて舞洲へ行きました。
そんで、あまりにも久々過ぎて何がなんやらわからなくなっていた。

昔練習場があったあたりは何もなくなってていったいどこにグランドがあるんだ?
とほんとしばらくさまよう。
そしてなんかの建物の人に地図をもらい、やっとたどりつく。
しかも遠い駐車場に車を止めてしまったのだ。
ベースボールスタジアムの近くだったのだ。
そして、何がなんやら勝手がわからず、私たちは全然違うところから入ってしまって、ホントは立ち入ってはいけないところに侵入してしまったのだ。
ファンサービスするところはまた全然違うところであった(大汗)

今日は夫がどうしても曜一朗のレプリカにサインをもらうと言うので曜一朗マチ。

練習試合をハーフタイムまで見たくらいで、昨日の先発メンバーがぞろぞろとグランドへ出てきた。
でも曜一朗はなかなか出てこなかった。

ブラジルトリオがいた。
夫が「まだおるやん」と冷たい一言。
昨日クルピになんか言われてくびになってると思っていたらしい。

かなり遅れて曜一朗が出てきた。


しかし今日の練習試合でちょっとでも目立ったら次絶対イケるのに、なんか
結構攻められてたからなぁ・・・なんか全体に足りないのよね。
1点目を取った小暮君はなかなかよかったように思う。
GKが多田君であった。
ほんとに久しぶりというか、セレッソも以外にも戻ってくる選手多いなぁ。

昔の舞洲ほど、フリーでもないし、ファンサのスペースも限られてるけど、
ミナツモよりは狭くなくていいのかも。

昔は舞洲グランドは雨が降ったら逃げるところがトイレくらいしかなかったけど、今は管理事務所の建物があってちょっとましかな・・・

でも昔の舞洲が一番楽しかったなぁ。

で、練習試合は最後までちゃんと見てなかったのだけど、
えらい攻められてて、ずーっと守ってる時間もあって
失点もしていたみたい・・・
ちゃんとアピールできたのかな。


ちなみに、せっかく望遠の一眼持っていったのに、SDカードがはいっていなかった
という間抜けなことをやってしまった。









ナビスコカップFC東京戦

夜の試合はやっぱり寒い。
日中も結構寒かったから、かなり防寒対策をして行きました。

ところが試合はそこそこアツかった!!

リーグの鹿島戦がミスから失点して、全体に覇気がなく今季最悪の内容だっただけに、
どこまで修正できるのかと思ったけど、ついにブランコを外して、
ちょっとクルピが「動いた」感じがある。
しかしエジノはまた定位置・・・・


しかし、今回は2点入ったのが良かった。
1点目は曜一朗、2点目はシンプリシオの今季初ゴール。

今まで、リーグとナビスコを含めて曜一朗、ホタル、南野しか点を取っていない。
得点パターンも単純。
CKやFKも全く相手にとっては警戒しなくてもいい精度やし・・・

他の選手は全然点取れていないし、あの3人がうまく絡んだ時か個人技が炸裂したときだけしか点が入っていない。
もちろん、助っ人外人が全く機能していないのが問題なんだけど。

とりあえずはシンプリシオが決めてくれて、ちょっとは得点の幅が広がった。

あとはエジノだ・・・
連携が良くなってきているとシンプさんがヒーローインタビューで庇っていたけど、
本人もなんか自分はどうも出来ていないって思ってるのだろう。
でなければミスしてペットボトル蹴るなんてやらないでしょう。

彼は「途中入社したデキナイおじさん」と表現したら一番しっくりくる。
社長の知り合いかなんかで、コネ入社した。
まだまだバリバリやれると自分は思っているのだけど、
パソコンも仕事もなかなか覚えられなくて、いつになったら覚えるんだ?と
回りから見放されて最後には仕事をふってもらえなくなるパターンの・・・。

日本のサッカーになじむとかなじまないとかそういう問題じゃない違う次元の問題なのだ。

で、応援のサポーターもエジノに点を取らせてあげたいという感じの前半だったのに
後半は「そろそろ交代しましょ・・・」とクルピの動向を見る空気感が面白かった。

で、残り少なくなったところでついにエジノ交代、バンド君登場。

しかし、バンド君いきなり相手にひじ打ちをしてしまい、いきなりイエロー。
その数分後、オフサイドに構わずプレーしてシュートを打ってしまったので
またイエローもらい、3分で退場してしまった。
私が知っている限りでは最速だ。

壮大なオチがついて試合終了の笛が鳴った。

一応勝ちましたよ。
しかし色々な課題が残った。

守備は今年はよく頑張っているし失点も少ないから合格なんだけど、
やっぱりエジノは問題ありだと思う。
足が遅い、ヘッドで競らない、ボールキープもできないなどなど。
相手DFはエジノをフリーにしておいても、多分大丈夫。
その分、曜一朗とホタルを見ておけばいいので相手DFにとってはラクショーだと思う。

ぼろくそに言われてたケンペスのほうがはるかにましだと思える。
小松塁でもいいと思う。
永井君呼びもどしてほしい。

本気で優勝を狙うというチームではないなぁ。

曜一朗があと2点くらい取れていたら、良かったのだけどね。
彼が2点3点毎試合取れるようになって、さらに呼んできた外人が最初からフィットして
初めて優勝できるチームになれるのかも。

しかしエジノでイライラしていても勝ててるのはすごいことだと前向きに評価するべきなのだろうか。












calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

時計

C大阪の日程

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM